プロフィール

三徳の二代目

Author:三徳の二代目
出身 : 広島県東広島市
年齢 : 40才(寅年生まれ)
家族 : 妻と2人の息子
趣味 : 貧乏海外旅行。

    バックパッカーで
    世界一周を2回達成!

東京と海外(フィジー)で働いた後、
10年前、12年ぶりに広島へ帰郷。
只今、家業を継ぐ為、修行中。

 広島で一番信頼される石材店を
 目指す『 石の三徳 』をよろしく!!

 ホームページにも遊びに来てね!
        ↓ ↓ ↓
★石の三徳 www.mitoku25.com

お墓の無料相談はココをクリック!


リンク


月別アーカイブ


FC2カウンター


携帯からも見てね。

QRコード

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
おはようございます!
三徳の二代目です。


広島県でも個人からの救援物資の受け付けがは
じまりましたのでご紹介しますね。


▼ 個人からの被災地への救援物資の受付について http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1300452060615/index.html


以下、抜粋します。


1 受付日時

(1)受付期間 平成23年3月23日(水)~3月31日(木)

(2)受付時間 平日 午前9時~午後5時

2 受付品目

(1)タオル・バスタオル,肌着・下着,靴下(新品・未開封のもの)

(2)保存食品(レトルト食品,カップ麺など)

(3)飲料水の水(ペットボトル入り)

 ※受付場所に持参されたものに限ります。郵送・宅配便等は受けられません。

 ※(2)及び(3)の品目は,賞味期限まで2か月以上あるものに限ります。

 ※搬送に便利なように,できるだけ同一品目を箱単位でお持ちいただければ助かります。


3 受付場所

  厚生環境事務所・支所(ただし,今回は,広島支所を除く。)

  ※受付場所への問い合わせは,受付開始日以後にしてください。

所在地
西部厚生環境事務所 廿日市市桜尾二丁目2-68
西部厚生環境事務所呉支所 呉市西中央一丁目3-25
西部東厚生環境事務所 東広島市西条昭和町13-10
東部厚生環境事務所 尾道市古浜町26-12
東部厚生環境事務所福山支所 福山市三吉町一丁目1-1
北部厚生環境事務所 三次市十日市東四丁目6-1


僕も明日、西条の受付場所へ持って行きます。

広島市はマツダスタジアムで受付していると
ニュースでみましたよ。


みなさんもできることから協力していきましょう!


じゃあの。

☆今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
☆この応援の1クリックが僕の元気の源です!
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ

☆広島県人のブログが大集合!ここで一番頑張りたい!!
  ↓↓↓


☆いつかはここでベスト10入り!いま何位?
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
こんにちは、三徳の二代目です。


東北関東大震災について今、
私達にできることはなんだろう?って
毎日、こればかり考えています。


ここ数日、ニュースを見ていると
現地では救援物資を待ち望んでいる様子が
毎回のように報道されています。


私の友人もひとり、仙台市にいて
昨日やっと連絡が取れて無事を確認できました。


しかし、現地では特に燃料と食料が不足しており、
県外に出ようとしても、高速は緊急車両用で使えず、


ガソリンも買えず、一般道路も通常通り通行できない
状況で、県外へ出ることすらままならない状況のようです。


救援物資を送ろうと我が家でも準備をしていますが、
どこへ送ればいいか、ずっと探しておりました。


となりの岡山県など他県では救援物資の受付を
自治体が始めたところも出てきましたが、
まだ広島県としては受付してないようです。


下記の広島県のホームページに東北地方太平洋沖地震
への支援情報が掲載されています。


▼ http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1299999521459/index.html


以下に広島県知事のメッセージを抜粋します。


(1)物資について

 広島県では,救援物資について,提供可能な物資の数量確認,輸送手段の確保等提供体制を整え,救援を統括する国や被災県からの救援依頼にすぐに応えられるよう準備しています。なお,個人からの物資の支援は,現地での調整機能が不十分なままに行われると,結果的に県民の皆様の御厚意が活かされないことになることから,受付は行わない予定ですので,御理解ください。ただし,今後,状況の変化により県民の皆様に提供を依頼することがありますので,そのときは改めてお願いをよびかけます。


ということで、今の現地点では義援金を送ることが、
広島県民である私達にできるベストのことだと思います。


「石の三徳」の法人として、また、「石の三徳の社員一同」として昨日、それぞれの想いを日本赤十字に義援金として送りました。


▼ 日本赤十字社 http://www.hiroshima.jrc.or.jp/


救援物資については、もう少し様子を見ますが、
もし広島県として受け付けなければ、他の自治体へ
毛布や洋服などをまとめて送ろうと思っています。


原発に関しても、命がけで作業をして
くださっている方々には本当に頭が下がります。


いまこそ日本人が一丸になる時です。


世界最高の国、日本の底力で一致団結し、
この危機をみんなで助けあって乗り越えていきましょう!



テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
みなさんもご存知のように
「東北関東大震災」が起こり、


日を追うごとにその深刻さが増して
来ている状況です。


そんな中、日記を書くのは不謹慎かと思い、
自重していました。


なので今日は、地震についての
情報共有をしたいと思います。


そして、もしどこかに情報発信
できる場があればしてあげてください。
(コピペでもかまいません)

※この内容は清水 扶幸さんという方の
メルマガの内容を転記しています。

──────────────────────────────────

目次

◆地震が起こった時の連絡を取る方法

◆地震後やっておくべきこと

◆被害に遭わなかった方へ

──────────────────────────────────


◆ 地震が起こった時の連絡を取る方法


使える電波回線には限りがあり、
心配だからといって、携帯電話などを使っていると


・本当に緊急で電話を使いたい人が混線で使えない


という状況が起こります。

独りよがりの為に、本当に必要な人の迷惑に
ならないよう緊急でない場合は

NTT伝言ダイヤル:171

などをご活用ください。


【災害用伝言ダイヤルの使い方】

◆被災者の方

1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。


◆安否を確認したい方 

1.伝言ダイヤル「171」を押す。 
2.「2」を押す 
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。 
4.録音された伝言を再生する。



その他、災害用の伝言板もあるので
こちらも合わせてご活用ください。

▼ iモード 災害用伝言板サービス ※PC用
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

▼ AU 災害伝言板 URL
http://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ ソフトバンク 災害伝言板 URL
http://dengon.softbank.ne.jp/J

▼ イーモバイル 災害伝言板 URL
http://dengon.emnet.ne.jp/

▼ ウィルコム 災害伝言板 URL
http://dengon.clubh.ne.jp/

▼ ウィルコム 災害伝言板 URL (他社携帯、PC用)
http://dengon.willcom-inc.com/dengon/Top.do


また、電話回線よりもネット回線の
方が強いみたいですので、

・各種掲示板

・mixi

・ツイッター

・スカイプ

・フェイスブック

これらを活用すれば、連絡もとりやすく
なってくると思います。

特にフェイスブックは実名での検索が可能なので
こういう時にこそ役立つと思います。



◆ 地震後やっておくべきこと


私は、大学3回生の時に阪神淡路大震災を
神戸で経験しました。

本震の後は、何度も何度も余震があり、
大変怖い思いをしたのを覚えています。


この余震の時に、もろくなった建物が一気に
崩れてくることがあるので、

亀裂が入った建物等には絶対に
近づかないようにしてください。


この余震で亡くなる方も多数います。

特に、被災地付近にお住まいの方は
十分に注意してください。



次に地震が起こった後にする事を
まとめました。


・お風呂に水をためておく(断水になる可能性大)

・非常食を購入しておく

・お米をまとめて炊いておく(電気が止まる可能性もあります)

・火事の原因になるものは極力使わない(火、ガス、ストーブ等)

・窓やドアのカギを締める時は要注意(余震で開かなくなる可能性もあり)

・避難場所を確認

・状況によっては、無理に帰宅しない(途中で立ち往生する可能性あり)

・海、川には絶対に近づかない





◆ 被害に遭わなかった方へ


日を追うごとに今回の地震がどれほど
大きなダメージを与えたのか明確になってきました。


現在も懸命な救出活動が続けられており
被災地での多く方の無事を祈るばかりです。


そして、被害がなかった他の地域にお住まい
の方に何が出来るのか?を考えてみました。




1、誤った情報を広めない

真偽が分からない情報を広めると、
無用な混乱を招く場合もあります、

今回の地震でいうと、

「千葉県市原の石油タンク火災の影響で有害物質が降る」

があったようです。

コスモ石油はこれを否定しています。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/12/news022.html


また、救援物資を自衛隊が受け付けているという
チェーンメールが昨日出まわっていましたが、
誤情報のようです。お気をつけください。


みなさんも情報元を確認し、正確かどうか
見極めてから、家族・知人に知らせてあげてください。


真偽が分からない情報は、混乱を招くと共に
回線を混雑させてしまう恐れもありますので注意してください。




2、現地には行かずモノも送らない


TVを見ていると、何かしてあげられないか?
と考える人も多くいると思いますが、

ボランティア等で現地に行くのは今は
時期ではないかもしれません。


まだまだ、国も現状を把握できていませんし、
今後も大きな余震が高い確率で起きるそうです。


そんな中で、何の経験もなく、何のトレーニングも
ない人が行くと、2次被害が起きてしまう可能性も高いです。


以下のサイトで、ボランティア募集の流れを
説明してくれていますのでご覧ください。

http://tabetainjya.com/archives/cat_3/post_1224/



また、モノを送ったりするのも良くありません、

受け入れ態勢が整っていないこともありますし、
その仕分け作業だけでも大変になってきます。


以下はyahoo知恵袋の回答です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1057515375


その善意がかえって迷惑になる可能性も
あるので、私達が出来ることは、次に言うことです。




3、私達で出来る事「募金」


正直これをメルマガで言おうかどうかを
迷いましたが、多くの人に呼びかける事が

できる人は少ないと思いましたので、

お伝えさせて頂こうと思います。


yahooボランティア募金

⇒ http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


一応、募金と称した詐欺も考えられるので、
以下のサイトを参考に調べました。

⇒ http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


こういうとき、少ない金額を募金しても
何の足しにもならないとは思わないでください。

もちろん多いに越したことはないですが、
こういった時、大事なのは「金額ではなく」


「行動」+「想い」だと思います。


もちろんこれは強制ではありません、
みなさんのご判断にお任せします。


でももし、募金が厳しいのであれば次に
言うことをして頂ければと思います。




4、私達に出来る事「節電」


すでに報道されていますが、東北、関東では
電力が不足しています。

今日以降も電力不足は何日か続き、
各地で停電する可能性が高いとのことです、


そうなると一般の方は、まだしも「病院」で
治療を受けている人は生死に関わってきます。


これを回避するためには出来る限り節電し、
各家庭の消費電力を抑えることです。


「部屋の電気は消しておく」

「コンセントを抜いておく」


こんな何気ない行動も節電につながります。


東北・関東地方以外にお住まいの方は、
今のところ節電する必要はないとのことです。

以下を参考に

⇒ http://hokkaidogenron.ldblog.jp/archives/2577433.html


チェーンメール等で節電の事が回ってきている人も
いるかもしれませんが、本当に必要であれば、


「メディアで放送される可能性が高い」


と思いますので、回線を混雑させない為にも
むやみに送るのはやめておいた方が良さそうです。


以上です。



被災地より遠く離れた広島に住んでいる
人間がどうお伝えしても、どう説明しても、

軽く見られてしまうことは分かっています。


ただ、行動せずにはいられなかった。
テレビを見て純粋にそう思いました。


今回の日記が、被災された皆様にとって
少しでもお役に立てる内容でしたら幸いです。

一人でも多くの命が救われる事を
心よりお祈りしております。


石の三徳 二代目 藤堂和生


テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 広島ではたらく石材店二代目のブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。