プロフィール

三徳の二代目

Author:三徳の二代目
出身 : 広島県東広島市
年齢 : 40才(寅年生まれ)
家族 : 妻と2人の息子
趣味 : 貧乏海外旅行。

    バックパッカーで
    世界一周を2回達成!

東京と海外(フィジー)で働いた後、
10年前、12年ぶりに広島へ帰郷。
只今、家業を継ぐ為、修行中。

 広島で一番信頼される石材店を
 目指す『 石の三徳 』をよろしく!!

 ホームページにも遊びに来てね!
        ↓ ↓ ↓
★石の三徳 www.mitoku25.com

お墓の無料相談はココをクリック!


リンク


月別アーカイブ


FC2カウンター


携帯からも見てね。

QRコード

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:国産墓石・銘石のご紹介
こんにちは!三徳の二代目です。

今日は昨晩から雨がよく降ってますね~。

その日の朝にならないと
天気予報はあてにならないし、

工事工程のだんどりが大変な今日この頃です。


さて、今日はあじストーンフェアレポートの
最終回ということで、墓石以外に見つけた
石彫刻品をご紹介していきます。

では、早速参りましょう!

s-DSCF9827.jpg

思わず二度見しちゃうくらい良く出来てますよねぇ。

このカレイ?ヒラメ?・・・庵治石なんです。

庵治石は磨かなかったら、
このようなサビ色なんですね。

次は3点まとめて・・・

s-DSCF9822.jpg

s-DSCF9828.jpg

s-DSCF9829.jpg

毎年、これ展示場や事務所内に置きたいな~って
思わせる水鉢。石と水とをうまく融合させた
いい作品がたくさんありました。


s-DSCF9837.jpg

これは「石あかり」です。

一般の来場者の方々にも注目されて
ひとだかりが一際出来ていました。

石と光・・・自然の組み合わせで成り立つ
「美」もなかなかのものです。

こういう作品たちを見ていると
日本人に生まれてよかったなぁっていう
「わびさび」の感覚が刺激されませんか?


次に・・・おじそうさん!

s-DSCF9840.jpg

定番ですけど、かわいいですよねぇ。

s-DSCF9856.jpg

ちょっとかわったポーズのおじぞうさん。

元気玉~!!って言ってるのかな?

よくよくみると、おじぞうさんって
赤ちゃんの体型によく似せてあるんですね。

うちの次男がちょうどこんなスタイルです。
だからかわいいんでしょうね。


そして最後に・・・仏像彫刻。

これは本当に、ものすごく精巧にできていて
感動ものでした。これを作られた職人さんは
ほんとに頭が下がります。

日本の石加工技術は世界最高レベルです。

s-DSCF9868.jpg



そんな庵治の石職人さんたちの魂の唄「石切きり唄」を
ちょうどストーンフェアでライブで唄ってくれていました。

あじストーンフェアのご紹介のラストとして
この「石切り唄」をみなさんにお届けします。

それでは聞いてください!



まだまだ日本の職人さんの技術は
世界には負けません!

なんでもかんでも安い外国製がはびこっている
今の日本ですが、「メインドインジャパン」を
いつまでも大切にしていきたいものです。


ではでは、今日はこのへんで!

じゃあの。

P,S 次回は三徳の新プロジェクトを発表します!
デザイン墓石にご興味のある方は特にお楽しみに!


☆今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
☆この応援の1クリックが僕の元気の源です!
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ

☆広島県人のブログが大集合!ここで一番頑張りたい!!
  ↓↓↓


☆いつかはここでベスト10入り!いま何位?
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
皆さん、こんにちは!
三徳の二代目です。

墓石業界の見本市「あじストーンフェア」へ行った
レポートの続きで第三回目をお送りします。

これまでの日記を見てない方は
こちらを読んでみて下さい。

第一回レポート

第二回レポート


今日はあじストーンフェアで一際目を引いていた
個性的なお石塔をご紹介しましょう。

s-DSCF9861.jpg

これは庵治石で作られた温かみのある
自然石風のお墓です。小さなお地蔵さんが
ちょこんと乗っているのがかわいいですね。

s-DSCF9841.jpg

こちらは、有名な彫刻家「アキホタタ」さんの作品。
自然石の石肌から五輪塔が出てきたような独創的なデザイン。

s-DSCF9835.jpg

これはちょっと石屋としてはどうかな~?って
思いましたが、特殊ガラスでできた五輪塔だそうです。

お墓は、やっぱり石がいいかなって思いました。
冷たそうで温かみがあるのが石のいいところですよね。

s-DSCF9823.jpg

これも庵治石なんですね。
庵治石って側は茶色のさび色で石皮というそうです。

通常、この部分はカットして青い部分から
石塔に使うのですが、自然の原石そのままを
切って生かしたお石塔ですね。

s-DSCF9871.jpg

これは、小叩き仕上げの古代風五輪塔。

五輪塔は本磨きよりこういう仕上げの方が
あたたかみというか深みがでるような気がします。

s-DSCF9873.jpg

こちらが注目の一品、ビシャン仕上げの五輪塔。
800万だそうです・・・。

ご興味があるかたは、当店でも取扱いしておりますので、
ぜひ、私までお問合わせ下さい。


次回は仏像や石の置物など、すばらしい
日本の職人技が冴える石彫刻品をご紹介しますね。

ではでは、今日はこのへんで。


じゃあの。


☆今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
☆この応援の1クリックが僕の元気の源です!
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ

☆広島県人のブログが大集合!ここで一番頑張りたい!!
  ↓↓↓


☆いつかはここでベスト10入り!いま何位?
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

| BLOG TOP |

copyright © 広島ではたらく石材店二代目のブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。