FC2ブログ

プロフィール

三徳の二代目

Author:三徳の二代目
出身 : 広島県東広島市
年齢 : 40才(寅年生まれ)
家族 : 妻と2人の息子
趣味 : 貧乏海外旅行。

    バックパッカーで
    世界一周を2回達成!

東京と海外(フィジー)で働いた後、
10年前、12年ぶりに広島へ帰郷。
只今、家業を継ぐ為、修行中。

 広島で一番信頼される石材店を
 目指す『 石の三徳 』をよろしく!!

 ホームページにも遊びに来てね!
        ↓ ↓ ↓
★石の三徳 www.mitoku25.com

お墓の無料相談はココをクリック!


リンク


月別アーカイブ


FC2カウンター


携帯からも見てね。

QRコード

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:国産墓石・銘石のご紹介
こんにちは!三徳の二代目です。

梅雨が一休みしていますが、
今日は蒸し暑いですねぇ。

でも、雨降りよりはましですよね!

今年の雨は例年と違って多いので
工事の工程に遅れが出ています…。

このまま晴れが続いて欲しいものです。


さて、前回の続きを行きましょうか。


庵治ストーンフェアがどんなものかを
簡単に解説しましたが、

今日は実際、どんな見本市でどんなものが
展示されているかをご紹介します。


まずは・・・国産の最高級材で作られた
定番のかたちの墓石を見てみましょうか。


庵治石

これは庵治石の細目で作られた
上下蓮華の和型墓石と五輪塔ですね。

s-DSCF9881.jpg

特質すべきは、この蓮華加工!!

中国加工ではまずできない
日本の職人さんの技術の高さが垣間見えますよね。

ほかにも庵治石のお石塔はたくさん並んでいましたが、
一番目を引いたものをご紹介しました。


次に珍しかったのが西日本では滅多に見られない
関東の銘石…「本小松」です。下の写真の左側の墓石です。

s-DSCF9821.jpg

私が東京でこの仕事をしていたとき、
一度だけ先輩が建てたのを見たことがあります。

関東では非常に人気の高い超高級墓石で別名
「なみだ石」と呼ばれています。

柔らかい石なのですが、磨いた面が風化してくると
なんとも言えない水の流れのような美しい模様が
浮かび上がり、年月を経れば経るほど味が出てくる
「わびさび」の極みのような銘石なんですよ。

広島ではまた見たことないですね。

関東の歴史のある立派なお寺のご住職さんの墓石には
たいていこの石が使われていたような記憶があります。

写真ではちょっと分かりにくいですが、
ほんとうに美しい石で私も大好きなんですよ。


次に今年目を引いたのが、震災復興応援ということで
東北エリアの銘石がたくさん出展されていましたね。

s-DSCF9879.jpg

東北エリアは本当に銘石の産地で
たくさんの素晴らしい国産石材が採れます。

これらを総称して「みちのく銘石」と
呼ばれて東日本では絶大な人気を誇ります。

東京で仕事をしていたときは、
大島や庵治石よりも、これらのみちのく銘石を
よく建立させていただいていました。

なので、わたしもちょっとみちのく銘石には
愛着がありますね。

こちらのサイトで詳しく解説されているので
ご興味がある方はどうぞ。

▼ http://www.michinokumeiseki.com/


もちろん、当店でも「みちのく銘石」の
取扱いは可能です。

実物を見てみたい!という方は
ぜひ石の三徳へご相談下さいね~。


それでは今日はこのへんで!


次回はちょっと変わった形や材質の
お石塔をご紹介しましょう。

ではでは次回をお楽しみに~!!


じゃあの。


☆今日も最後まで読んでくれてありがとう♪
☆この応援の1クリックが僕の元気の源です!
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 広島情報へ

☆広島県人のブログが大集合!ここで一番頑張りたい!!
  ↓↓↓


☆いつかはここでベスト10入り!いま何位?
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 広島ではたらく石材店二代目のブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。